2009年11月01日

2009/11/1宮城アングラーズヴィレッジ解禁2日目

 去年と同じく、会社の釣り同好会でおじゃましました。去年は5人だったのですが、今年は8人です。目指せ釣り人口1億2千8百万!達成するまで狼は吠え続けます!ワオー

 さて、今回も川側に入りました。

 今日は気温もあまり下がらず、朝からバタバタ釣れ続きました。朝、特に良かった釣りは、ノア1.8gのスローリトリーブです。キャストして、カウント7で着底するとことろ、カウント0〜2で巻きはじめます。ロッドと水面のラインがたるむくらいのテンションでゆっくり巻いてくると、無限にアタリがありました!

 スプーンのカラーは、オリーブと、チョコレートです。

 日が昇ってからもカウントダウン4〜7で沈めたあとに同じ釣りで釣れ続きました。最初は気付かず、バベルなどの縦の釣りもやりましたが、巻きでじゅうぶん釣れました。

 放流直後はドーナ2g蛍光赤、BUX2.5g赤金が良かったです。ちょっと早めに引いてきて反応することもあったので、あえて重いスプーンを使いました。軽いと浮きすぎちゃいますからね。

 あと、クランクベイトでも無限にバイトがありました。ボイ曰く、今年は水が透き通っているから、ちょっと早めのリトリーブがいいとのこと。それゆえ、フローティングのディープクラピーがいいとのこと。

 自分が持っているディープクラピーはサスペンドチューンしてあったり、軽いフックに交換してあったり、原型をとどめていませんでしたが、それでもかなり釣れました。

 もちろん、お得意のモカ・スローシンキングも良かったです。モカのフローティングではあんまりバイトがなかったです。

 夕方日が傾いてきてから、雨が降ってきました。そのせいか、再び朝と同じようなノア1.8gのトロトロ巻きで釣れ始め、夕まずめにラッシュ到来。スタッフなべちゃんの餌撒きも効果があったかも。カッパを持っていない会社の仲間も根性で粘っていました。

 そんな感じで午前中52匹、合計78匹釣れました。いつも、後半尻つぼみで終わっちゃうことが多いのですが、今日は一日中楽しめました。

 釣り同好会のみなさん、おつかれさまでした。宮城アングラーズヴィレッジのスタッフのみなさん、お世話になりました。ありがとうございました。


091101-1.jpg 091101-2.jpg

091101-3.jpg 091101-4.jpg

091101-5.jpg 091101-6.jpg
左からモカSS、ディープクラピー/ノア1.8g、ドーナ2g、BUX2.5g
posted by JIMI at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前半終了

CA3E0011.jpg午前中かなり真剣に釣って52匹でした。
posted by JIMI at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まもなく発券です

5時から並んでます。6時に入場です。ゲストハウスが開いたのでそこで待機してます。
posted by JIMI at 05:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

明日、宮城アングラーズヴィレッジに行きます

091031_1508~01.jpg明日、会社の釣り同好会で宮城アングラーズヴィレッジに行きます。トラウトシーズンに突入して最初の土日だし、天気も良さそうなので混雑そうですね。
posted by JIMI at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

ジャークベイト・フィールドテスト

090404-1.JPG 昨日、久しぶりに午後から宮城アングラーズヴィレッジに行きました。今回の目的はトラウトではなく、サスペンドチューンしたバス用ルアーのフィールドテストです。

 最近のマイブームはラトリンログで、フローティングモデルにJBで使用可能なエコシンカーを埋め込んでサスペンドチューンしてみた。

 ルアーの動きは家の近くのクリアな溜め池でテストしたが、できれば魚の反応もテストしたいので、管理釣り場に行ってきた。

 残念ながらジャークベイト、シャッドでのバスの釣果はなかった。夕方、中池が空いてきてからラトリンログでひと回りしてみると、足元で40cmくらいの巨大イワナがバイト!近すぎたためか、弾いてしまいキャッチできず。

090404-2.JPG
 その後、沖の岩周りを攻めてみると、40cmくらいのイワナをキャッチ!スタッフなべちゃんに写真を撮ってもらっているうちに、弱ってしまったのか、リリースしても死んでしまいそうだったので、「山崎屋」で焼いてもらうことにした。

 味付けは「エックス」塩味でおいしかったです。昼だったらビール飲んでいたなぁ、、、釣れたのが夕方で、そのあと車の運転があったので飲めなかったけど。

 さすがにボリュームがあり、夕食はこの魚だけでおなかいっぱいになりました!

090404-3.JPG

 行ったらハチは寝てました。

090404-4.JPG

 夕方もストーブの横で寝てました。よく見るとロデオクラフトチューニングしてあります!?

posted by JIMI at 09:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

宮城アングラーズヴィレッジでの動画

なべちゃんが放流するシーンです。


強風の様子。この日の前橋市の瞬間最大風速19.6mだそうですw
木のゆれ具合に注目です。撮影中、O君にヒットか!?
posted by JIMI at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップ「ゆうわ」の大会【大会当日編】

 大会の様子です。朝、O君に迎えに来てもらい、6時頃到着。防寒着を着たり、荷物を準備
したりして、受付を済まします。そして7時に入場し、釣り開始です。人気エリアの流れ出し周辺から人がうまっていきますが、それを無視し、無事奥の水車横に入りました。

 朝から強風(っていうか暴風)が吹いていました。

090208-1.jpg 090208-2.jpg


 人があまりルアーを投げる前に、さっさとルアーを投げた方がいいと思いつつ、ロッドを5本も持っていったせいで、ちょっと出遅れました。

 しかし、開始直後、自作ミノーに重たいあたり。寄せてくると50cmくらいのイワナでした。狙っていた岸際ではなく、沖の表層で食いました。「やったー!、これは(入れ替え後も)残るだろう!」と幸先いいスタート。

 その後も自作ミノーをトゥイッチングすると、レギュラーサイズのイワナや銀ジャケが釣れましたが、またしても重たいあたり!無事ランディングできたのは、1匹目よりさらに大きなイワナでした!

 あれ?まぐれだけど、もしかして上位入賞できるかも?3本のうち大型のキッカーフィッシュを何本混ぜられるかがキーポイントだけど、金曜日の感じだと、まさか3本とも大型魚でそろえる人はなかなかいないと思っていました。

 でも、周りの人を見ても予想より大型の魚が釣れていたので、3本ともキッカーフィッシュを釣らないと表彰台は厳しそうになってきました。

 しばらくするとバイトラッシュが落ち着きました。あとから聞いたのですが、前日の夕方に放流をしたらしく、その魚が朝一釣れていたようです。

 バイトが遠のいてからは、プラで調子良かったクランクベイトや、バベルなどの縦の釣りも混ぜながら魚を拾っていきます。もちろん、巻きの釣りもしますが、風が強くて、軽量スプーンは使いにくいです。

 大型のイワナが2本釣れたのはいいのですが、もう1匹は普通サイズの25cmくらいのニジマスで、釣っても釣ってもなかなか入れ替わりません。

 大会は12時までなのですが、終了10分くらい前にちょっと大き目のニジマスがクランクベイトで釣れました。「これ(検量に)使えるかもしれない」と言い、とりあえずビクにキープします。

 3匹の魚を検量袋に移し、検量です。表彰式までの間、トン汁をごちそうになりました。

090208-3.jpg


 惜しくも表彰台はのがしてしまいました。6位まで商品がもらえたのですが、あとで結果を見たら7位でした。200g差で商品を逃しました。って、この気持ちどこかで味わったような気がしたので、去年のブログを見たら、去年も7位でした。。。参加賞をいただいて解散となりました。


じゃんけん大会/じゃんけんでクランクベイトをゲット
090208-4.jpg 090208-5.jpg


上位の3人/結果(私は7位です)
090208-7.jpg 090208-6-2.jpg



 アンヴィレ道場の対戦スタッフは平ぴょんでした。全体的にタフな時間となり、池全体でもほとんど釣れていません。1本釣れば抜け出せる!という状況の中、やっちゃいました。スレです。スレはマイナス1匹なので、ノーフィッシュ以下のスタートとなってしまいました。巻きでスレなんてほんとに運が悪いです。

 結局平ぴょんが1匹釣ったので、2匹以上釣った人が昇段となりました。

 最近の宮城アングラーズヴィレッジには「山崎屋」なるものがあり、釣った魚を炭火で焼いてくれます。大会中に釣った巨大イワナを焼いてもらうことにしました。


「やまざきや」の店主、スタッフやまちゃん
090208-9.jpg


 味付けは、香草塩、カレー、味噌マヨ、の他に、エックス(何だ?)、そして新登場した辛味噌、ジェノベーゼがありました。大きなイワナだったので、わがまま言って、片面辛味噌、片面ジェノベーゼ(スパゲティか!?)で焼いてもらいました。

はらわたを出して串に刺します/それを炭火で焼きます
090208-8.jpg 090208-10.jpg


 出来上がると放送で呼んでくれるので、その間釣りをしながら待っていられます。私の魚はちょうどアンヴィレ道場後に焼きあがったので、食べに行きました。いいおつまみができたので缶ビールを買いました。

片面が辛味噌で/もう片面がジェノベーゼ
090208-11.jpg 090208-12.jpg


 皮にスパイスが付いているので皮ごと食べるのがおいしいです。といっても、今回持ち込んだ魚が大きくて、皮ごと丸かじりというわけに行かなかったので、ほぐした身にスパイスを付けながら食べました。辛味噌もジェノベーゼもとてもおいしく、おもわずビールをおかわりしそうになりました。(その後の釣りを考慮し自粛)やまざきや、お勧めです!!

090208-13.jpg
 日が落ちてきてから、またイワナの活性が上がってきて、ミノーゲームが楽しめました。自作ミノーの調子が良かったので、定番のパニッシュなどは1階も投げませんでした。夕方はバス用のベイトタックルにリグったBOMBER・ロングAでイワナを3本キャッチしました。

 ロングAは、フック2本の小さいモデルですが、こんな大きなルアーでも、レギュラーサイズのイワナが食ってくるので、エキサイティングです。気分はヒロ内藤です。






posted by JIMI at 21:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショップ「ゆうわ」の大会【プラクティス編】

 最近、ギターを買ったり、弾いたりしていたので、すっかり引きこもりになっていました。最近買ったギターはギブソンLG-1というアコギで1951年のヴィンテージものです。お値段はご想像におまかせします。。。詳しくはこちらのブログで。

 さて、昨日は群馬県藤岡市のショップ「ゆうわ」のマス釣り大会があったので、久しぶりに宮城アングラーズヴィレッジに行きました。

 大会ということで、金曜日の午後半日、プラクティスをしてきました。プラというか、今年の初釣りだったので、タックルの準備をしつつ、体を慣らすのが目的でした。

 大会のルールは3匹の総重量です。最近、大型のイワナやリバートラウト(ニジマス)を放流しているとのことなので、そのような大きな魚をいかに釣るかがキーポイントとなります。

 イワナは長さの割りに体が細く、リバートラウトの方が重量が多いので、大型のリバートラウトが大本命です。

 金曜日に釣りをした感じだと、これらの魚を狙って釣るのは難しい感じでした。金曜日は平日なので空いていましたが、日曜日は混雑して朝入った場所から動けないだろうし、釣り方しかかえることができません。

 イワナ狙いでミノー中心の釣りになるかと思っていましたが、「リバートラウト狙いならスプーンですかね?」とスタッフに聞いたところ、リバートラウトはクランクベイトにもよく反応するとのこと。

 普通のニジマスも反応が良かったので、金曜日はクランクベイトで結構釣りました。

 午後に行われる「アンヴィレ道場」ではクランク(モカSS)とバベルで1匹ずつ釣りました。対戦スタッフの小嶌くんは1匹だったので、初段に昇格しました。

 イワナは障害物周りに付くので、バンク沿いのブレイクの他、水車などのカバー、岩のハンプ、流れ込みなどのストラクチャーがポイントです。一番奥にある水車周りがなんとなく「におう」ので、当日入れればそのあたりに入ることにしました。

 朝、日が昇るまではミノーを中心に居つきのイワナを狙い、あとはリバートラウトが回遊してくるのを祈るだけです。

久々なのでロッド5本も持って行きました/平日なので空いています

090206-1.jpg 090206-2.jpg
posted by JIMI at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

2008/11/1宮城アングラーズヴィレッジ解禁

 昨日は、会社の釣り同好会のメンバー5人で、今シーズン初の宮城アングラーズヴィレッジに行ってきました。宮城アングラーズヴィレッジは、昨日からトラウト解禁です。(前日の10/31(金)に特別解禁というものがありましたが)

 初日ということで、6時の発券前から長蛇の列ができると思い、5:30頃到着。すでにスタッフの駐車場の右端まで列ができていました。

 並んでいる間、あたりはまだ暗いのでヘッドランプをつけてリグります。6時に入場し、5人並んで川側に入りました。

 今回、釣り経験が少ない人が3人いましたので、彼らの面倒をみながら釣り開始です。なんか朝から風が吹いていて、ちょっと釣りづらいです。

 前日のダイアリーを見たところ、かなり釣れている様子だったのですが、バイトはまばらで、7:45頃いきなり放流開始です。解禁に向けて、前日にニジマス、銀ジャケを大量放流してくれたそうですが、魚が水になじまなかったのか、夜の冷え込みが影響したのか、なかなか口を使ってくれませんでした。

 放流直後も、ラッシュがかかる感じではなく、ポツポツあたる程度でした。その後トイレに行くときに下池を見ると、某宮城マスターを発見。トラウトが上手な人なのに、なぜかバスを釣っていた。トラウトがあまりにも動かないので、トラウト用の縦釣りタックルでバスを釣っているとのこと。で、目の前でバカバカ釣っています。

 初心者と来ているので、となりで釣らせてあげていいですか?と断り、初心者その1、I上君を呼んでくる。バベルを投げさせると1投目からバスがヒット。ランディングや、バス持ちや、リリースの仕方などをひととおりレクチャーできました。

 6〜7匹釣ってもらったところで、今度はちゃんとマスを釣ろうということで、中池に戻ります。

 今度はやや経験者のT君を釣れてきて、バスにチャレンジ。目標5匹だ!と説明し、バベル開始。今回もちゃんと釣れてくれて、まもなく目標の5匹をクリア。あとでこの日(11/2)のダイアリーをチェックしたら「バスがヤバイ!」としっかり書いてありました。

 また中池に戻ってトラウト再開です。トラウトの方は爆発はしていませんが、軽くて派手なスポーンで中層をひらひら引いてくる釣りが一番調子よかったです。具体的には。ナム0.9g、ノアjr0.9g、ノア1gの赤金など。キャスト後、カウント5〜7でボトムをとるところ、カウント3〜4で巻き始めます。3秒くらいでリールを1回転巻くくらいのスピードで引いてきました。着水後にすぐにリトリーブを開始して巻き下げてきてもよかったです。

 あとよかったのは、クランクベイトです。主にモカフローティング、ディープクラピー、HMKL33MRを使いましたが、モカが特に調子よかったです。フローティングしか持っていませんでしたが、スローシンキングでよりスローに引いても良さそうでした。

 引き方は、去年、社長に教えてもらったボス巻きです。着水後リールを3回転くらいグリグリ巻き、そのあと穂先がブルブル震えるか震えないかくらいのスローリトリーブです。すると突然ひったくるようなバイトがあり、かなりエキサイティングです。

 12時になり、右隣にいたグループが午前で帰ったので、やや下流側に移動。最初に入った場所は正面に木が生えている島があったのですが、今度は広々していて、初心者でもネガカリの心配が減ります。そこに移動した瞬間、ウィーパーの半月カラーで3連発。3匹目は大き目のドナルドソンだったので、キープすることに。包丁で皮を少し切ってみたら赤身でした。と思ったのですが、あとでおろしてみたら、ややピンクがかってはいましたが、サーモン系のオレンジ色ではありませんでした。

 写真をとったりしているうちに状況が変わったのか、その後は特に連荘するわけではなかったので、カンティーナのお弁当を食べに行きました。昨日はカチャトラ弁当を頼みました。カンティーナのお弁当は、釣り同好会のメンバーにも好評でした。もちろん私も大好きです。

 調子にのって缶ビールを飲んだため、前日寝不足でちょっと眠気が襲ってきましたが、午後の部開始です。

 午後も、ウィーパーなどでポツポツ釣れましたが、となりでやや経験者のI中君が連荘しています。ルアーを見るとバディ1.2gの緑金で、着底後やや早めにリトリーブしています。同じルアーがなかったので、ノア1.8gキュウリ?で早めに巻いてみると、結構釣れました。私は基本的に巻くスピードが遅いので、人と一緒に釣りをすると参考になることが多いですね。

 でもやっぱりクランクが熱かったです。あまりにも調子よかったので、気づいたら釣り同好会5人全員クランク投げていました。。。私がモカで、みんな33MRです。。。そしてバイトラッシュです。川側が日陰になってきて、やや冷えてきましたが、バイトは続きました。

 それから、この時間になってようやくスタッフ養田さんにニジマスとギンザケの違い、銀ジャケは高級魚で価値があること、食べるとおいしいことを教えてもらいました。MAVのダイアリーにも書いてくれましたが、ギンザケは黒い斑点が楕円です。ニジマスは丸いです。そしてギンザケのヒレは黄色がかっています。
 
 それなら、ギンザケを食べてみようということで、ギンザケが釣れたらキープすることにしました。朝から知っていれば、だいぶ釣れたと思います。去年もギンザケの見分け方を聞いたような気がしますが、私自身もあいまいでした。次からはばっちり見分けがつきます。

 で、本格的に真っ暗になる前にギンザケ5〜6匹のはらわたをとり、ドナルドソンを3枚に下しました。ドナルドソンの解体はスタッフ山ちゃんに教えてもらいました。
 
 帰りは前橋市笂井(なんて読むの?)にあるラーメン屋「和(なごみ)」によって、ゆっくりしました。

 ということで、釣り同好会の活動は無事終了しました。事故もなく、楽しく釣りができて本当によかったです。宮城アングラーズヴィレッジのスタッフのみなさん、ありがとうございました。


081101-1.jpg 081101-2.jpg
posted by JIMI at 21:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

管釣り活動開始

 明日、会社の釣り同好会のメンバーで宮城アングラーズヴィレッジに行きます。

 今シーズン初管理釣り場です。釣れるかな?

 バスシーズン、ほとんど手入れをしていなかったスピニングリール4個を磨き上げ、ベアリングにオイルをさしました。どっちが本業なんだ?って感じです。

 ルアーのフックも全部チェックし、なまっているものは新品に交換しました。


081031-1.jpg 081031-2.jpg
posted by JIMI at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

クランクキングバトル参戦記

 宮城アングラーズヴィレッジ主催の「クランクキングバトル」に参加してきました。

 3日前に釣りをしたときは、どんより曇っていて夕方には暖かい雨。そんな天候も影響してか、表層で釣れていました。

 しかし、当日の朝は冷え込みました。久しぶりに車のガラスが凍っていました。なので、表層の釣りだけでなく、少しレンジが深くなるかなぁなんて妄想しながら現地に向かいます。

 到着して防寒着を着て受付を済ませました。ここで参加賞をいただき、開けてみるとHMKLのクランク33MRと、鮭鱒のミッツでした。

 これだけでエントリーフィーの1500円のもとが取れました。

 今回はロッドも1本だけで、ラインも家で巻いてきたし、あっというまに準備完了です。

 試合は勝ち抜き戦です。第1回戦は4人ずつのグループに分かれて、そのうち2人が勝ちあがります。

 ミーティングのあと、早速試合なのですが、その前に、さっそく放流です!しかも滝前にトラックからの大放流です。私の釣る場所は流れ出し付近だったので放流効果は期待できそうもありません。

 そして、第1回戦開始です。20分ハーフの40分です。前半と後半で左右の選手の場所を交代します。そしてルールは時間内の数釣り。ネットインで1カウントです。

 ストップウォッチをセットし、試合開始です。

 まずロデオクラフト・モカDRのフローティングから探ります。まずはクランクベイトをあまり潜らせないように引き、表層から釣り始めます。

 大会前にはルアーを投げられませんから、まず自分のペースをつかむために冷静に釣ることを心がけました。周りの選手の釣果が気になるので、パーカーのフードを深く被り、自分の世界に入り込み、スローリトリーブを心がけます。

 キャスト後、リールを数回巻いてルアーを潜らせてからスローリトリーブし、違うレンジも探っていきます。

 何回かバイト、バラシがあったあと、割と早めの時間に1匹目をキャッチ。たまたま、大き目の魚がバイトし、寄せるのに時間がかかりました。数釣り大会のときは、大きな魚があまりうれしくないです。

 よし、自分の釣りでいいんだなと気持ちを落ち着け、さらに釣り込みます。

 途中でルアーをモカDRのスローシンキングにチェンジ。スローシンキングで、ルアーが浮き上がってこないので、よりスローリトリーブすることができます。

 ロッドにウォブリングのブルブルした感触がほとんど伝わってこないくらいのスローリトリーブで巻いてくると、ルアーをひったくるようなバイトがあります。しかし、乗らなかったり、途中でばれてしまったり、なかなかネットインできません。。。

 前半は1匹で終了。他の選手もあまり釣れていなので、まだ勝ち抜けるチャンスがあります。

 モカの他にHMKLクランク33MRなどもローテーションしました。しかし、これでは釣れません。

 しばらくして、モカDRのスローシンキングで2匹目を追加です。

 時間が刻々と過ぎていき、終了時間が迫ってきます。審判の方に途中経過を見せてもらうと2匹の選手が自分を含めて2人、1匹の人が2人で、このままいけば抜け出せそうです。

 ちょっとだけ余裕があったので、表層の必殺技、REBELのBIG ANTを数投しましたが、反応がないの、またモカDRスローシンキングに戻ります。

 終了時間の1分前くらいにダメ押しの1匹を追加し、試合終了。2回戦に勝ち上がることができました。

 それから、後半のグループが釣りをし、勝負がつかなかったグループのサドンデス、さらには敗者復活戦があったので、なかなか2回戦が始まりません。

 メーカーのブースをまわったり、他の選手の釣りを見学していました。

 1回戦終了後、2時間後くらいたっただろうか、ようやく2回戦開始です。今度は対岸の看板下での試合です。今回も4人のグループで2人が勝ち上がります。

 自分は看板下の池に向かって一番左、水車の横でした。先日釣りをしたときは、水車からの流れに魚がいっぱい付いていたのでチャンスだと思いました。

 1回戦で釣れたモカDRのスローシンキングをリグって、15分ハーフ、30分の2回戦開始です。水車からの流れを丁寧に釣っていきますが、なかなかバイトがありません。

 そうこうしているうちに、同じグループの選手がガンガン魚を掛けて、ペースが乱れます。また、フードを被り、集中しようとするのですが、ついつい焦ってしまいます。

 何回かバイトがあったのですが、1匹もキャッチできないまま前半が終了してしまいました。

 場所を交替し、後半戦開始です。流れがダイレクトに当たるところよりも、こっちの方が釣れるのかな?なんて、気持ちを前向きに切り替えて釣り込みます。

 しかし、ほとんどバイトがありません。ついつい焦ってしまいますが、モカを超スローリトリーブで引いてきます。

 そして、待望のバイト!!ようやく1匹キャッチできました。

 フラットクラピーにチェンジして、ブレイクにいるイワナも狙ってみたのですが、今日に限って反応無しです。

 それからもいろいろレンジを変えたり探っていったのですが、バイトがないまま終了です。

 他の選手が4匹、3匹、1匹で、自分も1匹だったので、ここで敗退、試合終了です。

 そのあとは、上位に勝ち残った人の釣りを見ようかと思ったのですが、別のイベントに参加しました。

 スタンプラリーというイベントで、ブースを出典しているメーカーのクランクベイトで魚を2匹釣るごとにクランクベイトがもらえるという、おいしいイベントです。

 しかし、試合終了後、自分がすっかり釣れないモードになってしまい、全く釣れません。ようやくフラットクラピーのトゥイッチングでイワナをキャッチし、ラッキークラフトのスタンプを1個ゲットしました。

 しかし、その後、ばらしたり乗らなかったりで1匹も魚をキャッチできず時間切れです。

 まったく賞品をとれなかった人を対象にじゃんけん大会をしてくれて、ここでクランクベイトを3個ももらえたので、こっちの方がお得でした!!

 肝心の試合の方は、いろいろなレンジを攻めて決勝戦で8匹の魚をキャッチした伊藤選手が優勝でした。ルアーはなんと、自分と同じくモカでした。レンジだけでなく、カラーもローテーションしていったとのことです。

 自分はモカ・フローティング2色、スローシンキング1色しか持っていませんでした。っていうか、腕の差ですね。

 成績はイマイチでしたが、とても楽しいイベントでした。また、大会までに練習、準備してきたことで自分が進歩していればそれも大きな収穫です。

080322-1.jpg 080322-2.jpg

朝のミーティング前/試合前


080322-3.jpg 080322-4.jpg

メーカのブースが出展していました


080322-5.jpg 080322-6.jpg

試合中/上位入賞者


080322-7.jpg 080322-8.jpg

試合で使ったモカ/参加賞とじゃんけんでもらったクランクベイト


080322-11.jpg
優勝者のパターン(動画再生にはWindows Media Playerが必要です。携帯、Macの人ゴメン)
posted by JIMI at 22:29| Comment(11) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

2008/3/22宮城アングラーズヴィレッジ午後の釣果報告

 クランクキングバトルの大会終了後、すっかり冷めてしまったカンティーナのハッシュドビーフを頬張り、午後の釣り開始です。

 車からスプーン用のロッドも持ってきました。久しぶりにスプーンを投げてみると、ガンガン釣れます。周りの人もガンガン釣っています。

 特に良かったルアーは、ナム0.9g 青銀でした。っていうか、これで釣れ続いたので、他のルアーをあまり投げませんでした。

 アンヴィレ道場前にちょっとあたりが止まり、となりのM崎さんがギルガメッシュで連発しました。アンヴィレ道場のパターンを掴んだようで、もうルアーを投げていません。。。

 ちょっとパターンが変わったから、ギルガメッシュやノア0.6gのヒラヒラ系がいいんじゃないかな?とのことです。なるほど。でもギルガメッシュ持っていません。

 とかいってるうちにアンヴィレ道場が始まってしまったので、1個だけ持っているノア0.6g赤金を結んでアンヴィレ道場スタートです。

 そうしたら、それが大当たり。バイトの連続です。ちなみに今まで、このルアーであまり釣ったことがありません。。。っていうか、冬は強風の日が多く、0.6gなんて投げられる日があまりありませんでした。

 道場中に5匹という、今までにない釣果を出し、やっと3段に昇段です。この日の対戦相手はボスでした。ボスはもちろんクランクオンリーでした。

 道場のあとは4人で楽しくコーヒーカップです。っていうか、他の3人(バベ王K坂さん、M崎さん、I條さん)はみんなMAVマスターです。。。強敵です。

 「アンヴィレ道場調子いい日はコーヒーカップでも釣れるから!」というあまい誘惑に誘われてコーヒーカップ開始です。

 ルールは3匹早掛け。2人が抜け出た時点で終了となり、残った2人が自動販売機のジュースをおごることとなります。運だけで勝負できるじゃんけんジュースと違い、実力の世界です。

 しかし、みなさん手加減してくれたのか、なかなか接戦です。早々とM崎さんが抜け出しました。そして私とK坂さんが2本釣り、リーチです。

 そしてついに私に3匹目がバイト。その直後K坂さんにもヒット。で、私がランディング寸前でバラシ。次の瞬間K坂さんがランディング!タッチの差で試合終了でした。

 負けたけど、なかなかアツいコーヒーカップでした。

 その後も夕方まで釣れ続きました。岸際をイワナが回遊しているので、今度はそれをミノーで狙います。水面でのトゥイッチに反応がよく、イワナを何匹かキャッチしました。
 17:30になり、帰ろうと思ったら、ここでボスとスタッフ・コジのトップ対決が始まっちゃいました。ボスはシケイダー(?)コジはロブルアーの新しいクランクベイトALTO(アルト)です。とどらもルアーを潜らせることなく表層での勝負です。

 早がけ1匹の勝負開始です。バイトは両者にあります。まもなくコジのALTOにフッキング!無事ランディングし、アンビレ道場でホゲってしまったボスのストレスはさらに悪化してしまったことでしょう。

080322-9.jpg 080322-10.jpg

ノアjr0.6g赤金/ナム青銀
シュガーミノーF/ハンプバックミノーSP
posted by JIMI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

クランクキングバトル@宮城アングラーズヴィレッジ

P1010690.jpg 宮城アングラーズヴィレッジで行われた「クランクキングバトル」に参加してきました。

 1回戦目は勝ち残ったのですが、2回戦目で敗退でした。

 ちなみに3回戦を勝ち抜くと6人の決勝となり、そこで勝てば優勝というルールでした。

 眠いので、詳しい参戦記は明日アップします。
posted by JIMI at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

2008/3/19宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 最近の釣れないムードを打破するために、平日の宮城アングラーズヴィレッジに行って来ました。さすがに空いてます。

080319-1.jpg 080319-2.jpg


 今日は、スタッフの養田さんも仕事が休みでプライベートで釣りでした。普段はいそがしそうで、なかなか一緒にはじっくり釣りができないので、いつか、水曜日に行こうと思っていたのです。

 今日の目的は、養田さんの釣りを見ながらレベルアップすることの他に、今週末のクランクキングバトルのプラクティスでした。

 最近の宮城は、表層の釣りが調子いいとのことで、使うルアーやロッドの角度などを教わりました。

 ダーク系で軽めのスプーンがいいとのことで、ノアjr0.9g黒を使ってみたら、まもなくバイト!!その後、ドーナ1g茶色に変えてから、バイトの連続。クランクの練習するのが嫌になっちゃうくらい当たりっぱなしでした!

 養田さんもナム0.9gなどで釣りまくり、最終的に3桁達成とのことでした。さすがです。。。

 クランクの方は、釣り方、タックル、ともに徐々に煮詰まってきた。今日は、フックのテストが一番の課題だったのですが、だいたい使うフックが決まってきた。
080319-3.jpg
 それは、がまかつの「アマゴスーパーライト8号」です。名前もちょっとマニアックでかっこいいです。試合前に書いちゃっていいの???いいんです。もったいぶって友達減っちゃっても困るし。。。

 これをPEラインで結びます。ちょっと面倒くさいですけどね。

 ノリが良く、バラシが少ないシステムを考えていますが、なかなか難しいですね。30分の大会では1回のバラしが命取りです。

 今日はミノーも調子良かったです。水温も上がり、平日ということで人のプレッシャーもないので、岸際にイワナやニジマスが付いていました。スプーンで直撃してもだいたい逃げちゃうのですが、イワナの場合、ミノーをトゥイッチしてくると、突然スイッチが入って釣れました。ブレイクから食い上げてくるイワナもいておもしろかったです。

 12月のイワナ祭り以降、イワナは放流していないとのことでしたが、まだいっぱい残っているんですね。

 今日、きちんとランディングした魚は33匹でしたが、ばらした魚はその3倍くらいいたので、かなり釣った感じでした。

080319-5.jpg 080319-6.jpg


■ヒットルアー
080319-7.jpg
スプーン(写真左から)
 ノア1.0g #32エメラルドグリーン
 ドーナ1g 108消ブラウン
 B HOUSE ナム0.9g 肌色/白
 ノアjr0.9g #13ブラック
080319-8.jpg
クランク(写真左から)
 ラッキークラフト フラットクラピー ブルーイワナ
 REBEL BIG ANT
 ロデオクラフト・モカF タイプDR #01FWS
 ロデオクラフト・モカSS タイプDR #11ダークオリーブ
080319-9.jpg
ミノー(写真左から)
 ラッキークラフト ハンプバックミノーSP ワカサギ
 スミス JADE MD 43F ワカサギ


■タックル1(スプーン巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォーターランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:KUREHA RIVERGE R18(フロロカーボン)1.5lb

■タックル2(クランク、ミノー用)
 ロッド:Tailwalk BEATRICK glassy63
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:サンライン TROUTIST Native(ナイロン) 3lb

■偏光サングラス
 α-sight281+3D52
 
080319-4.jpg

posted by JIMI at 22:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

2008/3/16宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 昨日はほとんどクランクオンリーでした。

 今週末のクランクキングバトルの準備をしていました。バイトが多いルアー、引き方、ノリが良くてバラシが少ないフックを研究していました。

 今回試したフックは小さすぎて、バラシ続出でした。フッキングしたあと、水面でジャンプしたり、魚が手前に泳いできちゃうとバラしやすいです。

 また、クランクで釣れる魚って小さめ(軽め)のマスが多く、ルアーに魚の重みがしっかりかからず、それがバラシの原因になることも多いです。

 昨日のアンヴィレ道場は、コアなクランカー「ボス」でした。道場直前に放流があったので、最初は赤金系のスプーンを投げてみましたが、クランカーのボスを倒すにはクランクしかない!ということで、クランクで押し切りました。

 その結果、ボスも私も共倒れ。お互いノーフィッシュで玉砕しちゃいました。。。

 土曜日は久しぶりの3桁達成者続出だったほど、めちゃめちゃ釣れていたそうなのですが、昨日は全体的にイマイチだったようで、数が伸びませんでした。

 ま、クランクの研究でだいぶ進んだので、収穫ある1日でした。

■タックル1(スプーン巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォーターランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:KUREHA RIVERGE R18(フロロカーボン)1.5lb

■タックル2(クランク用)
 ロッド:Tailwalk BEATRICK glassy63
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb
     後半はリーダーにナイロン3lb使用

■タックル3(縦釣り用)
 ロッド:TEMJIN ソリッドエアリアル ULMX
 リール:ダイワ:TEAMDAIWA-S 2500iA
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンラインFCスナイパー(フロロカーボン)2lb

■偏光サングラス
 α-sight281+3D52
posted by JIMI at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

クランクキングバトル

080309-2.jpg きたる3/22(土)にクランクベイトだけのトーナメント、クランクキングバトル2008が宮城アングラーズヴィレッジで開催されます。

 もちろん私も出ます。大会に向けてクランクベイトの練習、改造中です。

 ルールは単純。クランクベイトだけを使ったトラウトの数釣り、勝ち抜き戦です。

 そして何より、協賛メーカーが多数参加しているので、賞品、参加賞がおいしい!(らしい)たとえ1回戦負けでも、参加費1,500円は余裕でもとが取れるとのことです。

 クランクベイト1個あれば、参加できます!ま、クランク使い始めたら1個じゃすまないくらい奥が深くておもしろいんですが。。。

 スポンサー
 ラッキークラフト、IVYLINE、SMITH、Brave、RODIO CRAFT、ロブルアー、ZEAL、RAPARA、DUEL、TACKLE HOUSE、鮭鱒、HMKL、Megabass、VIVA、宮城アングラーズヴィレッジなど

 詳細はこちら

 クランクキングバトル
 http://www.anglers-village.com/event/3gatu/kurakin/kurakin.html

posted by JIMI at 22:36| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/3/8宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 昨日の釣行記です。昨日は待ちに待った、ではなく、偶然リセット放流でした。本当の目的は3/22のクランクキングに向けてクランクベイトの調整、練習です。

 金曜日の閉店後に、水位を落として、網を引いて魚を捕ったそうです。スタッフ平ぴょんはウエーダーに穴が開いてしまい、足に浸水したままの作業だったそうです。おつかれさまです。 

 リセットといっても、朝は渋かったです。スプーンも交えいろいろ探っていきましたが、最初の放流まで、クランクベイトでスレが1匹だけ。でもこれがタグフィッシュだったのでラッキーです。

 そして放流です。この日の放流は、なんと、水槽車からの直接放流です!スタッフ「コジ」が担ぐホースからマスがドボドボと放流されます。

 クリックするとYoutubeにアップされた動画が見られます。



 放流後はポツポツ釣れましたが、まわりの人はさらにガンガン釣ってました。

 お昼はカンティーナのオムスパ(オムライス&スパゲティ)を食べました。レストランでスパゲティを食べると、ちょっと量が足りないことがあるのですが、これはかなりボリュームがありました。

 アンヴィレ道場の対戦スタッフは養田さん。1匹釣れたのですが、2vs1で負けちゃいました。

 クランクベイトでの「これだ!」という釣りはまだ見つかりませんでした。クランカーのボスはガンガン釣っていたので、まだまだ研究の余地ありです。

 17:30までみっちり釣りして終了。最近17:30になっても明るいですね。

 しかし昨日は風が吹いちゃいましたが、暖かかったです。平ぴょんに聞いてみたら水温6.5度。手袋好きな私でも、一日中手袋なしで釣りできました。

 今回もカメラを忘れたので、帰ってきてから撮ったルアーの写真をアップします。

■ヒットルアー

080308-3.jpg
スプーン(写真左から)
 ペンタ1.3gオレンジ金(裏面がおいしい)
 B HOUSE ナム0.9g透過チャート金
 ウィーパー1.5g半月
 ノア1.8g メタリックグリーン
 ノア1.8g #PYA ピンクヤマメ
 ドーナ2g赤金

080308-1.jpg
クランク
 HMKLクランク33MRホロコッパー
 ロデオクラフト・モカSS #11ダークオリーブ

■タックル1(スプーン、クランク巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォーターランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb

■タックル2(クランク用)
 ロッド:Tailwalk BEATRICK glassy63
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb

■タックル3(縦釣り用)
 ロッド:TEMJIN ソリッドエアリアル ULMX
 リール:ダイワ:TEAMDAIWA-S 2500iA
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンラインFCスナイパー(フロロカーボン)2lb

■偏光サングラス
 α-sight128+シューティングレッド+サイドカバー

 以下、開拓中のクランクベイト
080308-2.jpg
posted by JIMI at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

リセット放流!

 明日はリセット放流です。
 何回か釣られてはリリースされたマス、口を使わないスレたマスを網で採って、まだルアーを見たことがないフレッシュでウブなマスに入れ替えます。

 本日の営業時間終了後の作業ですから、今頃やってるんでしょうね。かなり過酷な作業と思われます。おつかれさまです!

 ということで、明日宮城アングラーズヴィレッジに行ってきます。

 リセット放流だからというわけではなく、3/22(土)のクランクキングバトルの調整でもともと行こうと思っていたのです。
posted by JIMI at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

1トン放流

 本日は1トン放流がありました。

 朝は氷点下まで冷え込み、ガイドの氷を取りながらの釣りでした。最初の1時間の釣果は、なんと1匹のみ。

 8時半頃、お待ちかねの放流トラック到着。

 放流後しばらくしてラッシュスタート!BUX2.5g赤金で一瞬入れ食いになりました。

 しかしいまいち乗り遅れ、午前中22匹で折り返し。またもや100匹は程遠かったです。

 午後もまわりは釣れていましたが、逆にペースが乱れ集中できず。

 アンヴィレ道場も1匹しか釣れず、昇段できませんでした。

 池全体的には好調なようですが、は自分があまりにも不調なので3時頃30匹で撤収してきました。

 JBトーナメントとは違い、楽しむために釣りに行っているのに、わざわざ苦痛を感じながら釣りするのも違うかなと。気分をリセットしてまた今度行きます。

 カルシウム不足かな?と思い、帰りのミニストップで買った牛乳を飲みながら帰ってきました。

080209-2.jpg
1トン放流の様子(動画再生にはWindows Media Playerが必要です。)
posted by JIMI at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

フィッシングショー行きました

080208-1.jpg

 前半はバイヤー・マスコミだったので14:00から行ってきました。

 去年と同じくハミングバードの横も写る魚探がいちばん気になりました。。。

 あとはバス、トラウトロッドをいろいろチェックしたり、リールを触ったりしました。

 先日tailwalkのglassy-63を買ったのですが、今年出たS&S COMPETITIONもやばいです。ソリッドティップの食い込みは、どのメーカーにも負けていないと思います。価格もお手ごろ(定価26,000〜28,000円)なので、危険なロッドです。

 ダイワの新イグニスがいい感じです。軽さ、価格でバランスが取れているかな?2506番で195g、定価47,500円です。

 もう少し時間があれば隅から隅までしっかりチェックしたかったです。

 さて、明日は宮城アングラーズヴィレッジの1トン放流行ってきます!!早く寝なきゃ。。。


posted by JIMI at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

明日はフィッシングショー

 突然ですが、明日フィッシングショーに行くことになりました。
 平日ですがなにか。。。

 ちなみに今年は出展者ではなく、お客さんです。
posted by JIMI at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

スモークトラウト

 超うまい!

 先日のゆうわの大会でみんなが検量したマスをK沢さんがスモークにするというので、3匹分けてもらいました。

 上毛新聞(笑)に包まれてこんな感じでもらいました。

080205-1.jpg

 頭と皮がポロッとほぐれました。脂ノリノリです。

080205-3.jpg

 身をほぐしながらつまみ食いです!全部ほぐしてタッパーに保存しました。

080205-2.jpg

 しばらく酒のつまみに困りません。。。
posted by JIMI at 22:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

バベル王決定戦参戦記

 5時に仕掛けた目覚ましよりちょっと早めに目が覚め、なんか嫌な予感がしたので窓の外を見ると予報どおり雪。しかも結構積もってます。余裕を持って早めに家を出ました。っていうか目が覚めちゃったんですけど。

 6時過ぎに宮城アングラーズヴィレッジに到着。雪が降ろうと関係なく、ゲストハウスの中はすでに選手たちの熱気で包まれていました。

 受付を済ませ、タックルの準備をする。と言っても前日からバベルがリグってあるのでそれほどやることありません。ガイドに凍結防止スプレーを塗ってみました。

 7時過ぎにミーティングがあり、いきなり試合開始です。受付時のの抽選で釣る場所、対戦相手の組み合わせが決まりました。C-6だった私は1回戦前半です。8人くらいのグループで競い、5人が2回戦出場できます。

 ルールは30分間の数釣り勝負です。ルアーはもちろんバベルのみ使用可能。ただしスレはマイナス1匹です。

 Cグループの場所は釣りなれた流れ出し周辺でした。C-1の人から順番に並んで釣りをします。抽選なのに、流れ出し横、池に向かって左の一等地に入ることができました。

 いよいよ1回戦スタート。10秒前からのカウントダウンがあり、ストップウオッチをセットします。

 通常、朝一の時間帯はなかなかバイトがありません。先週のゆうわの大会でもスレ連発だったので、貴重なバイトを確実にランディングし、いかにスレ掛かりしないようにするかがポイントだと思いました。

 なので、激しい「しゃくり」は入れないで、ゆっくりリールを巻いたあとのスローなカーブフォールで攻めてみました。バイトがなくてもあせらず、魚が口でくわえてくれたあたりだけを確実にものにすることを心がけます。

 まずはバベルI(0.5g)ピンク(裏面を黒に塗装)から釣り開始。

 周りの人がポツポツ釣り始めましたが、自分のラインを凝視して集中します。

 そして待望のあたり!しかしなんとスレですorz カウントがいきなりマイナス1匹です。

 しばらくすると、またあたりがあり、今度はしっかり口にフッキングです。無事ネットでネットでランディング。でもまだプラマイゼロです。

 またしばらくして1匹追加です。

 バイトが少ないので、ルアーをバベルIII(1.0g)にチェンジ。カラーは赤金です。これを10投くらいしましたが、まったくバイトがないので、さらにルアーチェンジ。今度はバベルI(0.5g)金(表を黄色に塗装)です。

 このときすでに20分くらい経過。残り10分です。ここで待望のバイトがありましたが、スレを恐れて合わせが弱かったのか、途中でばれてしまいました。口にかかっていたのが見えたのに残念でした。

 そしてとうとうタイムアップ。さすがにプラス1匹では2回戦に進めず、たった30分で本日の試合終了です。。。。。

 30分はあっという間ですね。ウォーミングアップとかありませんから、釣り場に行って試合開始していきなり釣らなきゃいけません。

 半日の試合や、バスのトーナメント(6〜8時間くらい)だと、釣りながらいろいろアジャストして行かれるのですが、このような試合だと瞬発力が必要ですね。

 後半は同エリアで審判をしました。審判をしていると30分は長いですね。。。

 このグループには縦釣り猛者が何人もいて、その中でもひっきりなしにロッドが曲がり、30分で15匹(17匹-スレ2匹)も釣り上げた方がいました。30分で15匹って、2分に1匹だからかなりハイペースです。

 その方というのは、本日のバベル王となりました、小坂選手です!

 小坂さんは今シーズンのアンヴィレ道場でもマスターに昇段しているスペシャリストです。マスターなので巻きの釣りも上手なのですが、特に縦の釣りが得意な方です。

 今度、縦の釣りについて取材でもさせて欲しいです。

 2位は、去年のバベル王neoさんこと細野選手、3位は神山選手。さすがですね。

 さて、カンティーナのバベル弁当をじゃなくて、山ちゃんスペシャル弁当(バベルは入っていなかった)を食べたあとは、アンヴィレ道場です。

 道場前に釣りをしてみると、クランク(モカ・フローティング)の表層ボス巻きが調子よく、バイト連発でした。こりゃ、道場いただきだなと思っていたのですがすぐにバイトが遠のいてきました。

 そしてアンヴィレ道場開始。今日は珍しく調子が良く、ペンタで5匹釣り、そのあとモカで2匹釣り7匹も釣れたのに、対戦相手の山ちゃんが9匹だったので、昇段できませんでした。特別ルールで山ちゃんは今日だけバベル解禁だったのが敗因です。

 雪も降っていたし、風邪気味だったので、道場終了後、早めに上がりました。

 みなさん、おつかれさまでした!!

080203-1.jpg 080203-2.jpg
受付中/準備中


080203-3.jpg 080203-4.jpg
ミーティング/試合開始前


080203-5.jpg 080203-6.jpg
試合開始前/2回戦中


080203-7.jpg 080203-8.jpg
下池でブラックキャッチ!/アツいエキシビジョンマッチ


080203-9.jpg 080203-10.jpg
表彰式/お立ち台



080203-11.jpg
優勝パターン(動画再生にはWindows Media Playerが必要です。Macの人ゴメン)


■タックル
 ロッド:TEMJIN ソリッドエアリアル ULMX
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンラインFCスナイパー(フロロカーボン)2lb
 ルアー:ロブルアー バベルI バベルII バベルIII
 偏光サングラス:α-sight281 レンズ:3D52
posted by JIMI at 19:59| Comment(7) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロブルアー・バベル王決定戦

 ロブルアー、宮城アングラーズヴィレッジ主催のバベル王決定戦から帰ってきてました!すでに風呂上りでポカポカです。遠方からいらした方、おつかれさまでした!

 試合は予想通り1回戦負けでしたorz

 広報活動はしっかりできて、ネット関係の方とも顔を合わせることができました。

 そしてこのブログのアクセス解析を見たところ、今朝7時台に15人ものアクセスがありました。背中のurlを携帯電話に打ち込んで読んでくれた方、ありがとうございます!ぜひコメントください。

 詳しい参戦記はこれからアップします。

080203-0.jpg

 一日中雪でした。↑試合終了後もアツいバトル。山ちゃんちょっとかっこいい!!
posted by JIMI at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

明日の宮城アングラーズヴィレッジの天気

 予報では雪です。

 左のメニューの「宮城アングラーズヴィレッジの天気」でチェックしました。

 低気圧の温暖前線が近づいているので、風はそれほど吹かなそうですね。

 上州非力さんのまねして、BigField/ビッグフィールド雪・霧固着防止スプレー買ってきました。

 明日はPEラインはマジでやばそうですね。細かいシェイクやボトムダンスならともかく、長いストロークでフォールさせる釣りはつらいかも?バベルのカーブフォール中にラインが凍っちゃいますからねぇ。
posted by JIMI at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

バベル王決定戦に参加

 日曜日は宮城アングラーズヴィレッジで行われる、バベル王決定戦に参加してきます。

 バベル王決定戦の詳細
 http://www.anglers-village.com/event/2gatu/baberu/08baberu.html

 縦釣りのスペシャリストたちが集まるので、上位入賞なんか考えずに、広報活動に専念します。。。

 当日、こんな格好でうろうろしてますので、見かけたらよろしくお願いします!!

080201-1.jpg 080201-2.jpg


 インクジェットプリンタで印刷できる布で作ってみました。
posted by JIMI at 23:37| Comment(4) | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

seesaa調子悪い

 コメントしてくれる方にお知らせです。

 seesaaの調子が悪くて、投稿やコメントがなかなか反映されないときがあるようです。

 以下引用です。

-----------------------

障害報告(2008.1.28)
現在、Seesaaブログのブログサイト(ドメイン名:seesaa.net)に
おきましてお客様が投稿された記事、コメント等が正常にブログに
反映されない状態となっております。

ただいま、対応を行っておりますので、今しばらくお待ちいただき
ますようお願い申し上げます。
posted by JIMI at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

2008/1/27宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 ゆうわ釣具主催のマス釣り大会に出た。

 流れ出しの人気スポットに入るために、5時前に到着。大会にでない先行者がいて、3番目に並ぶ。

 7時前にやっと受付開始し入場。流れ出し左横に陣取る。大会のミーティングのあと釣り開始。

 ペンタ1.3gのボトムの釣り中心で釣っていくが、スレばっかり。

 スタッフ養田さんが、岸際の氷を回収してくれたのだが、日が出始めた頃から放射冷却のため、また凍ってきた。

080127-1.jpg 080127-2.jpg


 間違いなく、この冬1番の冷え込みとなってしまったようだ。この場所は水車や噴水がなく水が動かないため、凍ってしまうのだ。

 定点観測によると水温1度。目の前の水が凍ってしまい、とうとう釣り不可能になってしまった。キャストしてもルアーが落ちていかない。また、PEラインの表面はでこぼこしているので、そこについた水が凍ってしまい、ガイドだけでなく、スプールの中まで凍り付いてしまった。

 結局9時過ぎまでまともに釣りができなかったが、今回のルールは大物3匹の重量勝負。当日放流するはずのドナルドソンや中型のニジマスが入ってから真剣に釣ればいいかな?なんて余裕をかましてコーヒーを飲んだりしていた。

 そしてお待ちかねの放流タイム。予告どおり、大き目の魚も混ざっている。あれを釣った人が優勝だなと思いながらルアーを投げ続ける。バイトも朝一よりは増えてきた。

 スレ掛りが多く、魚が動いていない感じだ。ペレットタイムはとうとうアラベスクまで手を伸ばして、なんとか魚を釣っていく。

 あっという間に12時となり試合終了。結局は大型の魚は釣れず、キープした魚のうち大きめの3匹を持って検量に向かう。3匹で810gだった。この3匹はペンタ1.3gとHMKLのクランク33MRで釣れたものだ。

080127-3.jpg 080127-4.jpg


 か、艦長・・・

 そして表彰式。6位まで表彰だったのだが、私は7位。15g差で賞品を逃してしまった。お昼はトン汁が振舞われ、最後にはうどんも入ったのでおなかも満たされました。

080127-5.jpg 080127-6.jpg


 氷が溶けてからは急風が吹き始め、今シーズンで一番悪いコンディションになってしまった。初めて宮城アングラーズヴィレッジに来た方、普段はもっと釣れるので、これにめげずにまた来てください!

 さてさて、午後の部開始。この日はZEALの柏木さんが来ていて、アンヴィレ道場の対戦相手は柏木さん&まなみちゃん。ドーナ2gピンクで1匹釣っただけでこの日も撃沈。早めに撤収してゆうわに行き、打ち上げで夕食までご馳走していただいた。
posted by JIMI at 15:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008/1/26宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 翌日の大会のプラということで、午後から宮城アングラーズヴィレッジに行ってきた。木金と、強風というか(暴風)が吹いていて、天気図を見る限りだいぶ収まるかと思ったが、この日も風が強い。そのせいで、土曜日の割りに場内は空いていた。

 駐車場から見える赤城山はうっすら雪化粧。あ、お決まりだけど、クーラーボックスにロッドホルダー付けてみた。

080126-1.jpg 080126-2.jpg


 流れ出し横(池に向かって右側)から釣り開始。ドーナ2gなどでポツポツ釣れる。放流も入ったが、そのあとラッシュが起こる感じでもなかった。

 まもなくアンビレ道場。養田さん、座って釣りをするときは本気モードらしいので、今回の対戦スタッフは養田さんと思われる。

080126-3.jpg 080126-4.jpg


 アンヴィレ道場ではペンタの縦の釣りで、2匹キャッチ、スレが1匹。スレはマイナス1匹なので、トータルプラス1匹。対戦スタッフは予想通り養田さんで、4匹(だったかな)キャッチ。今回も昇段できなかった。。。

 その後、ボスからスタッフ小嶌君に突然「コジ、竿もってこいよ」との指令。

 ボスvsコジの裏道場開始。クランクで2本早掛けのアツい勝負だ。気づいたら養田さん、山ちゃん、平ぴょん、スタッフが全員釣りしてました。ま、空いてるし、釣り方探すのも仕事でしょうからね。

 私もボスの横でクランクを投げる。ポツポツあたりがある。ボスvsコジの戦いはコジの勝利。ボスからシュース代のボーナスが支給されていた。

 また流れ出しに戻り、17:00までルアーを投げて、合計20匹で撤収。早めに帰って家でラインを巻き変えたり、フック交換をした。
posted by JIMI at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

ゆうわマス釣り大会@宮城アングラーズヴィレッジ

 ゆうわ釣具主催のマス釣り大会に行ってきました。

 810g(3匹)で7位(37人中)でした。6位まで表彰だったので、15g差で賞品を逃しました。

 詳しい参戦記は後日アップします。
posted by JIMI at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

午後から宮城アングラーズヴィレッジ

 これから宮城アングラーズヴィレッジに行ってきます。午後券で入場して、明日大会に向けて調整をしてきます。

 そういえば今朝、宮城アングラーズヴィレッジの夢を見ました。昼から行ったら満員で釣る場所がなかった夢です。

 さて、早めに行くかな?
posted by JIMI at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方紹介D

4.引き方
 基本はスローリトリーブです。スローリトリーブと言っても、人によって感覚が違うのですが、私の場合、リールのハンドルを3秒間で1回転させるくらいのスピードです。普通の人よりちょっと遅いかもしれません。

 中層を早めに引くときは、もう少し早くなります。

 宮城アングラーズヴィレッジのスタッフに教えてもらった、フリップというテクニックがあります。リールを巻きながら、たまにロッドを人差し指で軽くたたくと、その瞬間、スプーンにアクションが加わります。

 右手でロッドを持つ場合、ロッドをやや左側に向けてフリップするとスプーンの速度が一瞬早くなります。ロッドを右側に向けてフリップすると、スプーンの速度が一瞬遅くなります。。

 小さなバイトがあるときは、トラウトがルアーの真後ろに付いてきていて、フリップした瞬間に大きなバイトがあるときが良くあります。

 次にあたりの取り方、フッキングについての説明です。

 回転が滑らかなリールを使うと、スプーンがパタパタアクションする感覚がリールのハンドルに伝わってきます。まず、このルアーが水を噛んでいるだけの感覚を体で覚えます。巻く感覚が少しでも重くなったり軽くなったときが、バイトです。あるいはラインやスプーンが魚にぶつかっただけ、あるいはボトムのゴミを引っ掛けたときです。

 私の場合、フッキングは瞬間的にリールを早く巻きます。魚の重みが感じられたらロッドを立てて、さらに深く刺さるようにフッキングします。

 とにかく違和感があったら合わせていきます。こればかりは文章で説明するのは難しいので、練習です。練習すればするほど、感覚が研ぎ澄まされてきます。小さなゴミが引っかかっただけでも違和感を感じるように練習しましょう。私もいまだに気づかないことがあります。。。

 また、リトリーブ中はだいたいラインを見ています。ラインの動きを見てあわせることもあります。
posted by JIMI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月25日

ペレットタイム

 宮城アングラーズヴィレッジでは魚の活性を上げるために、ときどきペレットを撒く。

pellet.jpg

 そのとき、山ちゃんが意味不明な言葉を発する。気になって眠れないので、ググって調べてみた。

 "全体号令 若き王の手腕"

 どうやら三国志用語らしい。
posted by JIMI at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゆうわマス釣り大会

 群馬県藤岡市の釣具や「ゆうわ」主催のマス釣り大会が宮城アングラーズヴィレッジで開催されます。

日時:1/27(日)7:00集合
場所:宮城アングラーズヴィレッジ
参加費用:一般5000円(1日券を含む)
     小中学生、女性3000円(1日券を含む)

 詳しくはこちらをご覧ください。

 いま気づいたけど、MAVの入場料、女性は3000円/1日ですか。安いっすね。さらに、ゆうわ大会では、エントリーフィーが無料なんですね。女装していくか。。。。?
youwa2007.jpg
 ちなみに去年この大会で優勝しちゃいました!!みんな忘れていると思いますが、ディフェンディングチャンピオンなんです。

 今愛用しているレスターファインのロッドをもらいました。

 腕に自身のあるヤシ、かかってこい!!
posted by JIMI at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方紹介C

 だいぶ書き溜めてきました。続けて読みたい方は、左のカテゴリより「タックル紹介」を選んでください。

3.ルアーの種類

 前回は1.場所、2.レンジについての話をしました。レンジに関しては詳しく説明できずに、私の薄っぺらな知識がばれてしまった感じです。

1.場所
2.レンジ
3.ルアーの種類
4.引き方

 今回は3.ルアーの種類についてで、今回はスプーンの巻きの釣りの紹介です。

 この釣りはクラシカルなスタイルで、最も一般的ですが、やりだすとかなり奥が深くておもしろいです。

 使うルアーは以下ウエイト、大きさ、色、動きの違いを意識して、選択、ローテーションしています。

 頻繁に通っているとよく釣れるルアーが決まってくるのですが、逆にマンネリ化してきます。釣れないときこそ、一種類のルアーで粘らずに、まめにローテーションするといいと思います。

 私は宮城アングラーズヴィレッジでは、0.6g〜2.5gくらいのスプーンを使います。

 ウエイトは以下のようにだいたい3種類くらいに区分して探っていきます。

軽め:0.6g〜0.9g ノアjr0.6g、0.9g、バディ0.7g、DICKNIGHTなど
中間:1g〜1.8g ノアjr1.4g、ノア1.8g、マーシャルトーナメント1.5g、MIU1.5gなど
重ため:2g〜2.7g ドーナ2g、BUX2.5g、アルフレッド2.7gなど

 カラーについては、色のトーンで以下のように区別して探っていきます。

派手系:蛍光色+裏金など
光りもの:金、銀など
地味系:黒、茶、濃い緑、オリーブなど
パステル系:カラシ、薄ピンク、水色、クリーム色など

 放流直後は圧倒的に赤金のような派手系が強いです。

 このように、ウエイトで3種類、カラーで4種類に分類した場合、以下のように合計12種類のルアーに分類できます。

軽め x 派手系
中間 x 派手系
重ため x 派手系

軽め x 光りもの
中間 x 光りもの
重ため x 光りもの

   ・
   ・
   ・

 表にした方が分かりやすいかな?
 






軽め中間重ため
派手系123
光りもの456
地味系789
パステル系101112


 さらに3次元で考えると、これらのルアーをボトム、中層、表層でゆっくり巻いたり、早めに巻いたりアクションを付けたり、巻いてくるので、釣り方の種類は無数に存在することになります。

 これだけ多くのパラメータが存在すると、どこから手を付けていいか分からなくなってしまうので、どれかのパラメータを固定して探っていくことが大事です。

 たとえばあるひとつのルアーでボトム、中層、表層を探ってもバイトがない場合、ルアーの種類を変えずに色だけ変更し、またボトム、中層、表層を探っていく。あるいは色を固定してウエイトを変更して各レンジを探っていくということです。

 やみくもに、ルアーのカラーもウエイトも変えながら釣っていくと、たまたま釣れたとしても、レンジが合っていたのか、色が合っていたのか分からなくなり、パターンを掴みにくくなってしまいます。

 このように、持っているルアーを変えながら探っていくと、どこかしらで釣れるはずです。1回釣れた釣りはもう一度試してみましょう。連続して釣れる、あるいはバイトがある場合、あたりパターンである可能性が高いです。連続して釣れないときは、さらにルアーを変えたりレンジを変えたりしてみましょう。

 さらに、ローリングやウォブリングなど、動き方もルアーによって違いますので、一概にウエイトと色だけでは語りきれないのですが、どのルアーがどんな動きをするかは、まだあまり把握していません。追々、研究していきたいと思っています。
posted by JIMI at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方紹介B

 宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方を解説します。

1.場所
2.レンジ
3.ルアーの種類
4.引き方

 前回は1.場所について説明しました。(前回の記事)

2.レンジ
 宮城アングラーズヴィレッジの場合、基本はボトムです。ボトムトレースの釣り、ボトムまでカウントダウンしたからの巻き上げから探っていきます。

 カウントダウンしながら、どの違うレンジを探るときも、表層ではなくて、ボトム側から探っていきます。

 たとえばスプーンをキャストして、カウント7で着底するとします。まずは着底後にリトリーブを開始し、数投して当たらなければ、カウント5でリトリーブを開始したりして探っていきます。

 もちろん、表層で釣れることもありますが、全体的にはボトム側の方がバイトが多いです。
posted by JIMI at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

2008/1/20宮城アングラーズヴィレッジ釣果報告

 2週間ぶりに宮城アングラーズヴィレッジに行ってきました。天気図、天気予報を見ると気温は低そうですが、風はあまり吹かなそう。小さいスプーンの縦釣りでを中心に100匹狙う予定だった。場所は流れ出し付近に入りたくて、気合を入れて早めに並ぶことにしました。5:45頃到着するとすでに列ができていて、10番目くらいの入場でした。ちなみに発券は7:00からです。。。
080120-2.jpg
 ゲストハウスで私より5番くらい前に並んでいたEさんと話をしていると、O君が到着。O君、またロッドが増えている!!なんですか、その黒地にオレンジの、プ…、プレ…、プレッソ!?しかも高い方。なんでも、応援していたお馬さんが大活躍してくれたとのことです。

 さて、やっと7時になり入場だ。中池に向かって流れ出しの左から埋まっていったが、流れ出しのすぐ右に入れた。まもなくO君が到着し、私の右側に入った。左隣はEさんだ。
080120-1.jpg
 まずはなんとなくペンタの縦釣り。口とスレが半々くらい。ポツポツ数を伸ばす。巻きはノア1.8gなど。岸近くには薄氷が張っていて、ラインがガイドに氷付きます。

 出だしは相変わらず厳しく、最初の1時間で5匹くらいだったかな?

 しばらくすると、お待ちかねの放流。しかし、放流後もラッシュという感じではなく、ポツポツ釣れる程度だった。

 スタッフ山ちゃんが、O君にレクチャー開始。私も横で見させてもらう。O君のワレットを見て、「パステル系で行こう」といい、おもむろに両面ピンクのペンタ1.3gを取り出す。あ、悪の道に引きずり込む気か!?と思いきや、山ちゃんにしては珍しく巻きの釣り。

 最近MAVのダイヤリーにも書いてある、リトリーブ中に一瞬ロッドアクションを付け、をスプーンを送り込むる釣りだ。

 私が食い渋っていたのを横目に、さっそくO君ヒット。山ちゃん、名ガイドです。そしてO君の飲み込みが早く、ガンガンあたりが増えてきました。ちょっと釣り負けている感じだったので、私も似たようなルアーを探す。ピンクのバディ0.7g、ノアjr1.4gなどでまねをしてみると、こちらにもバイトが出てきた。

 んー、確かに釣れる。スプーンの後ろを付いてきている魚が、アクションを入れた瞬間にバイトする感じだった。リトリーブ中にロッドを持つ人差し指でロッドを軽くたたく通称「養田フリップ」(私がそう呼んでいるだけ)も効果的だが、この釣りもなかなかアツい。あとで聞いたところ、この養田さんが水曜日にプライベートで釣りをしにきたときにこの釣りが調子良かったとのことだ。

 そんな感じで午前中は29匹で折り返し。

 カンティーナのお弁当が届いたので、休憩。この日はハンバーグ弁当でした。ハンバーグは久しぶりでしたが、これもとてもおいしいです。ほんとに、カンティーナのお弁当はどれもおいしいです。

 午後の釣り開始。午前中と状況が変わっているようで、送り込みの釣りでもいまいちバイトが遠い。再度放流が入ったが、ラッシュはない。パステルグリーンのドーナ2gでバイトが釣れたので、アンヴィレ道場はパステル系で攻めることにした。準備したルアーは、ドーナ2g。放流の魚が釣れ出すことを期待してまず赤金、それからパステルグリーン。続いてノアjr1.4gピンク、ノア1.8g水色、バディ0.7gピンク。これらをワレットから出してフックをチェックして準備完了。

 いよいよアンヴィレ道場開始!対戦相手はスタッフ養田さんだった。まず赤金のドーナを5投くらいするが反応なし。すぐにパステルグリーンに変更。しばらくして1匹目をキャッチ!最近、ドーナがお助けルアーになりつつあります。引き続き同じルアーを投げる。しばらくして2匹目をキャッチ!

 バイトがなくなったので、ルアーをノアjr1.4gピンクに変更。なんと1投目のフォール中にバイト!っていうかリトリーブを開始しようとしたら釣れていた。。。これも無事ランディングし、この時点で3匹。

 また、しばらくバイトがなくなったので、縦の釣りでもして数を伸ばそうと思ったが、対岸の養田さんは釣れていない様子。すれで減点してはもったいないので、このまま逃げ切ることにした。

 そして30分の試合終了。なんと養田さんはノーフィッシュだったで、1匹以上釣った人が昇段。やっと今シーズンの初勝利となった。 

 養田さんが流れ出し方面に戻ってきて、今度は7人くらいで2匹早がけ開始。今度はさすが養田さん、早々と2匹釣り上げた。私をはじめ、他の人もなかなか2匹釣れず、まったりしてきたので途中でお開き。

 そしてそのあとクランク炸裂!これなら早がけのときにクランク投げておけばよかった。。。早がけの前にクランクを結んでいたのだが、午前中釣れていなかったので、スプーンに変えてしまっていたのだ。

 16:00くらいから17:00過ぎまでクランクにバイトが連発して、10匹くらいキャッチ。主にHMKLクランク33MRだった。

 暗くなってバイトもなくなくなったが、17:30までしっかり釣りして終了。午後は16匹追加して合計45匹だった。

080120-3.jpg 080120-4.jpg


080120-5.jpg 080120-6.jpg


■ヒットルアー
スプーン(写真左から)
 バベルII0.5g ピンク
 ペンタ1.3gオレンジ金(裏面がおいしい)
 バディ0.7gピンク
 ノアjr1.4g ピンク
 ウィーパー1.5g半月
 ノア1.8g ピンク金
 ドーナ2g赤金
 ドーナ2g106消鹿志村イエロー

クランク
 HMKLクランク33MRホロコッパー、ペレットピンクテイル

■タックル1(スプーン、クランク巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォーターランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb

■タックル2(縦釣り用)
 ロッド:TEMJIN ソリッドエアリアル ULMX
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンラインFCスナイパー(フロロカーボン)2lb
posted by JIMI at 14:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

明日はプラクティス

 来週、宮城アングラーズヴィレッジでゆうわ釣具店主催の大会があります。

 明日はそのプラクティスで宮城アングラーズヴィレッジに行きます。っていうか、大会とは関係なく釣りするだけなのですが。。。

 明日はそれほど風が吹かないと読んでいます。とりあえず縦釣り中心でもいいので、100匹目指してがんばります。
posted by JIMI at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

2008/1/13奥利根フィッシングパーク

 今回は奥利根フィッシングパークに行ってきました。

 ここも宮城アングラーズヴィレッジに負けないくらい数釣りできるとのことで、たのしみでした。朝5:30に藤岡のゆうわ釣具店で上州非力さん、Oh! うらら〜さんと待ち合わせし、関越で向かいます。途中から白いものが舞ってきたなと思っっていましたが、沼田インターを降りる頃にはすっかり雪景色となりました。

 6:30頃奥利根フィッシングパークに到着。駐車場は雪が10cmくらい積もっていました。雪が降る中準備をし、7時から釣り開始です。

080113_1.jpg 080113_2.jpg


 私とOh! うらら〜さんは初めての場所なので、上州非力さんのおすすめで、流れ出し横に入りました。クラブハウスからもすぐ近くです。

 初めての場所なので、まずは使い慣れたドーナ2gで地形を探ります。フルキャスト後、カウント8〜9で着底。ホームレイクの宮城アングラーズヴィレッジよりやや深い感じです。透明度もやや高く、岸際に沈んでいる岩などが見えます。

 ここは魚種も豊富です。イワナセンターという養魚場を持っていて、そこでオリジナルの魚をかけあわせで作っているそうです。

 ライズもボチボチ見られ、ドーナで表層を引いてくるとまもなくヒット。今度は逆にペンタ1gでボトムを探ると、3匹ほど連発!!奥利根、釣れますねぇ〜と気分よく釣っていきます。

 雪はしんしんと降っているのですが、そのおかげで強風が吹くこともなく、最近あまり使っていなかった1g以下のマイクロスプーンでもじっくりあたりが取れます。ただ、ガイドが凍るので、数キャストに1回ロッドを水につけ、氷を溶かしながらの釣りです。

 放流後は、ノア1.8g、ノアjr1.4gの赤金系が特に強かったです。あまり調子が出ないOh! うらら〜さんにこのルアーを貸してあげたとたん、調子が出てきたので、ルアーによって釣果に差が出ることを実感しました。

 その間私はノア1.8gのチャート、水色などを試したのですが、反応なし。ルアーの動きだけでなく色も大事ですね。そして、ノアjr1.4gの赤金に変えたとたんん挽回開始!やっぱりノア、すごいです。何グラムでもよく釣れました。

 レンジはさまざまで、表層、中層(カウントダウン3〜5)、ボトム、いろんなレンジで釣れました。

080113_3.jpg 080113_4.jpg


080113_5.jpg 080113_6.jpg


 こんな感じで午前中35匹で折り返し。雪で冷えた体をクラブハウスのストーブと出前のラーメンで暖めました。

 雪は相変わらず降り続いていますが、そんなの関係ねーってことで、午後の釣り開始。相変わらずラインがガイドに凍りつきます。

 宮城アングラーズヴィレッジに比べると人もまばらなので、池をひと回りして、空いているところを岸沿いにミノーで流してみることにしました。ルアーはパニッシュ55サスペンドです。反時計回り回っていくと、流れ込み周辺でチェイスがあります。

 最後はハチの字書いてパールトラウトをキャッチ。流れ込み付近は、水が流れていることはもちろんですが、杭、パイプ、岩がたくさんあり、イワナ系の魚が身を潜めていました。ショートキャストし、ミノーをトゥイッチしてくるとスイッチが入って追ってきます。

 そんな感じで池を1周してみましたが、岩や杭があるところにミノーを通すと、高確率で魚が出て来るのが見えます。シングルフックなのでなかなかフッキングしないのですが。。。

 この釣りでは偏光サングラスは必須です。この日は雪で曇っていたのでα-sightのライムというレンズを使用しました。

 2周目は(しつこいって?)もう少し潜るシャッドタイプのルアー、SMITHのJADE MD 43Fにチェンジです。1周目で魚が付いているのを見つけておいたパイプの下にルアーを通すと一発でバイト!!40cmくらいのイワナをキャッチしました。

 さらには、ペンタの縦の釣りで探ってみると、色物をキャッチ!!スネークトラウトでした。

080113_7.jpg 080113_8.jpg


 ホームポジションの流れ出しに戻ってからは、ノア祭りです。放流直後は赤金系が強かったのですが、その後もパステル系、ダーク系で釣れ続きました。あとペンタです。ボトムダンス、手前でのサイトでよく釣れました。

 17:00に釣り終了です。1日中ガイドが凍っていましたが、コンスタントにバイトがあり、とても楽しかったです。終わってからカウンターを見ると57匹。

 上州非力さん、Oh! うらら〜さん、社長さん、スタッフの鈴木さん、ネコのさくらちゃん、おつかれさまでした!

 帰ってきてからDVDエリナビ赤城山北面編を見直しました。奥利根フィッシングパークに行くことが決まるちょっと前にざっくり見ていたので、あまり細かい内容は覚えていなかったのですが、終わってから見ると、あ、岬から松の木に向かってルアー投げればよかったなぁとか、こんなに沈み岩があるんだぁとか、DVDでも流れ込みでミノー引いているなぁとか、シーラカンスがいるんだぁ!?とか、いろいろ気付くことがあります。

 また行く機会があったら、ミノーの釣りももっと突き詰めたいし、沈み岩をしっかり攻めてみたいですね。チャレンジポンドの大物対応のタックルも持って行きたいなぁ。

080113_9.jpg 080113_10.jpg


 ↑パニッシュ55SPとSMITH JADE MD 43F(シングルフックで使用。帰ってきてからトリプルフックに戻しました)

080113_12.jpg 080113_11.jpg


 ↑左から

ノアjr 0.9g赤金(有頂天)
JACK NITE 1.0g茶
ペンタ1.0g赤金(ロストしたため写真は1.3g)
ノアjr 1.4g赤金
ノア 1.8g水色
ノア 1.8g草色
ノア 1.8gピンク金(有頂天)
ドーナ 2g赤金
posted by JIMI at 20:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

今週末は奥利根に浮気

 今度の日曜日は、宮城アングラーズヴィレッジで管理釣り場.comの大会があります。スタッフ養田さんに出ない?って誘われたのですが、凝り性の自分は、さらにのめり込んで、ルアー買いあさったりするのが怖かったので、お断りしました。

 土曜日の1トン放流はとても魅力的なのですが、仕事です。

 日曜日は中池は貸切になるので(午前中だけかな?)、narukiくん、Oh! うらら〜くんと、奥利根フィッシングパークに遠征してきます。赤城山の向こうだから、遠征ってほどでもないな。

 明日、雪降りそうですね。
posted by JIMI at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方紹介A

mav2.gif どんなルアーで釣れるとかいう話を書いていこうと思ったのですが、その前に基本的な話をします。

 宮城アングラーズヴィレッジでは以下の要素を考えながら魚を探していきます。

1.場所
2.レンジ
3.ルアーの種類
4.引き方

1.場所
 どんな釣りでも場所は大事です。管理釣り場といっても、魚影の濃い場所、薄い場所があります。(宮城アングラーズヴィレッジの場合、放流量が半端じゃないので、どこに入っても全く釣れないということはありませんが。)

 宮城アングラーズヴィレッジの中池の地形ですが、大まかに言うと、流れ込み側(北岸)が浅く、流れ出し(南岸)に向かうにしたがって深くなっています。島の周辺はもちろん浅くなります。

 下池と中池の間に自動販売機があります。一般的にそこから時計回りに川側、滝下、看板下、スロープ下、流れ出しと呼ばれています。

 足元のブレイクは基本的にどこも急深です。場所によっては岩が張り出したり、水車や噴水の電線が入っていたりします。入れ替え作業の記事を見ると、水を抜いたときの写真が見られることがありますので、なるべくチェックしています。

 地形を把握するには、バスからトラウト、トラウトからバスへの入れ替え作業を手伝いに行くのが、一番いいと思います。私は行ったことがないのですが、行ってみたいと思っています。

 さて、じゃ、どこが釣れるの?って話になると思いますが、管理釣り場といっても相手は自然ですから、こればかりは日によって、時期によっても変わるため、一概には言えません。

 個人的には、水位が深い流れ出し側の方が魚のストックが多いと考え、そちらに好んで入ります。開場前から並んでいる常連の玄人達も、下流側に入る人が多いです。 

 イワナを放流したあとは、滝下が良かったり、なかなか日が当たらないスロープ下が良かったりします。また、アンヴィレ道場は看板下で行われます。(土日など人数が多いときは中池全域)

 もちろん、入る場所に迷ったらスタッフに聞いてみるのもいいと思います。
posted by JIMI at 00:12| Comment(4) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

宮城アングラーズヴィレッジでの釣り方紹介@

 私が宮城アングラーズヴィレッジでどのような釣りをするか紹介します。かなりボリュームがあるので、小分けにして連載します。宮城アングラーズヴィレッジではトラウト、ブラックバス、ホシスズキ、イトウ、キャットフィッシュなど、いろいろな釣りが楽しめますが、まずは中池でのトラウト(普通のニジマス、イワナ、ドナルドソン)のルアーフィッシングについてです。

 おおまかに以下の釣り方があります。

1.スプーンでの横の釣り
2.スプーンでの縦の釣り
3.プラグでの釣り

 1.は最も一般的な釣り方です。スプーンをキャスティングして、リールで巻いてくる釣り方です。宮城アングラーズヴィレッジでは単に、「巻き」と略されたりします。
 使用例:「巻きだけで100匹釣れたよ!」
 正統派というか、古典的というか、昔からある釣り方なので、昔釣りをしていた方や、久しぶりに釣りをされる方は、この方法しかやらないという人も多いと思います。


 2.巻きに対して縦の釣りは、「リフト・アンド・フォール」「ボトムバンピング」「ボトムダンス」のように、フォーリングで誘うものです。バベル、チーテスト、アラベスクなど、ペレットを模した小型のルアーが使われます。ちなみにアイビーラインのペンタを開発した鮎沢純一さんはDVD【ボトム・バイブル】の中でペレットパターンだけでなく、ボトムの餌をとる本能を刺激しているんだと言っていました。
 宮城アングラーズヴィレッジではスタッフの「山ちゃん」こと山崎さんがこの釣りの一人者です。彼がバベルの釣りを開拓したようなものです。
 また、ときに「悪の道」とも言われます。この釣り方を知らない人(とくにあまり釣れていない人)に教えてハマると中毒になっちゃうことがあるからです。
 使用例:「山ちゃん、初心者連れてきたけど、悪の道に引き込まないでよ!」
 悪の道のDVDまで出てます。。。


 3.はクランク、ミノーを使った釣りです。これも一般的ですが、近年、トラウト用の小型クランクが次々と開発されていて、私も注目している釣り方です。
 宮城アングラーズヴィレッジはバーブレスフックが義務付けられていますが、フックの本数、トリプルフックの使用に制限はありません。
 他の管理釣り場では1つのプラグに対してシングルフック1本だけというレギュレーションも多いので、シングルフック1本にしておくと便利です。私みたいにほとんど宮城アングラーズヴィレッジしか行かない人は特に問題ありません。

 次回は、実際使用するルアー、使い方などを紹介します。お楽しみに!!
posted by JIMI at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

2008/1/1釣果報告

 みなさん、あけましておめでとうございます。KY!(ことしもよろしく!「小島よしお」ではない)

 さて、宮城アングラーズヴィレッジに初釣り行って来ました。なにも元旦から行かなくてもいいかなと思っていたのですが、タグフィッシュを釣ると先着100人に福袋がもらえるということなので、いい商品が残っているうちに行こう!ということで張り切って行って来ました。

 朝6時過ぎに到着するとすでに長い列が。。。12/22の1トン放流のときくらい並んでいました。みんな釣り馬鹿です!!いい感じです!!

 5人くらい早くこのブログにコメントを付けてくれるNARUKI君が並んでいて、彼が川側に入ったので、隣に入りました。さらに、まもなくO君が到着し、3人並んで初釣り開始です。あれ?O君、ロッドが1本増えてる!手にはおニューのカーディフが。。。元旦にニューロッドをおろすとは素敵だ!!私もおニューの手袋おろしてみました!(使い慣れなくて、まもなく旧タイプに交換。。。)

 この日も典型的な冬型の気圧配置で、低気圧が発達しながら抜けていったので、強風の予報。朝から西風がそよそよ吹いていました。出だしはまずまずで、開始1時間で5匹くらいだったかな?

080101-0.jpg
 そしてお待ちかねのタグフィッシュ放流!!放流が終わったあと数匹目でめでたくタグフィッシュをキャッチし、福袋をいただきました。詰め合わせをゲットです。ちなみにルアーはマーシャルトーナメント1.5g赤裏金でした。

 その後もクランクや赤金系のスプーンでポツポツ釣れましたが、タグフィッシュはこの1匹だけでした。

 トン汁の無料サービスがあったので、11時過ぎに休憩。この時点で34匹くらい。

 お昼過ぎにちょっと食い渋りとなり、ノアjr0.9gなどの小さめのスプーンも試してみるが、いまいち釣れない。クランクや餌まき後のバベルで数を伸ばしていく感じ。

 クランクの引き方は、先週ボスから教わった「ボス巻き」です。キャスト後リールを4〜7回くらいグリグリ巻いて、そのあと超デッドスローリトリーブ、たまにトゥイッチといった感じです。文章で説明するのは難しいので、現地でスタッフや社長に聞いてみてください!特にデッドスローリトリーブは、クランクのブルブルがあまり伝わってこないくらいゆっくりです。

 ルアーが浮き上がらない程度にラインテンションを与え、クランクが水中を漂う姿をイメージしています。

 さて、アンビレ道場の対戦相手は山ちゃんでした。私はクランク、バベル、ノア1.8g茶色のローテーションで勝負することにしました。

 開始早々、クランクに2回バイトがあったのですが、どちらもバラシ。山ちゃんが1本釣ったあと、しばらくしてようやく1匹目をキャッチ!それからノアもローテーションしますが、バイトがありません。山ちゃんは着々と釣っていきます。もう、取り返しがつきません。。。

 縦の釣りをしている人はスレ多発です。(スレはマイナス1匹)そんな中、縦の釣りで黙々と数を伸ばしている人がいたのでスレ覚悟でバベルに手を伸ばすと、ラストスパートで2匹連続キャッチ。合計3匹でしたが山ちゃんが5匹くらい釣っていたので、今回も負けてしまいました。連敗記録更新です。。。

080101-2.jpg
 その後もクランク、バベルなどで追加し、17時ころ、62匹(ネットインorリリーサー)で終了。今回からカウンター導入です。半分くらいクランク、1/4がスプーンの巻き、1/4がバベルかな?

 クランクはHMKLクランク33MRが調子良かったです。今日はなぜかディープクラピーでは1匹でした。

 変わったところでは、コットンコーデルのスポットで釣れました。昔、琵琶湖のキーパー取り用に買ったものですが、久しぶりに使いました。

080101-3.jpg
■ヒットルアー
スプーン(写真左から)
 バベルII0.7g マジョーラ
 ノアjr1.4g 赤金
 マーシャルトーナメント1.5g赤(裏金)
 MIU1.5g黄色ピンク(裏金)
 ドーナ2g赤金、ピンク金
 ノア1.8g チョコレート

クランク
 モカDR・F #01FWS
 HMKLクランク33MRホロコッパー
 コットンコーデル・スポット

■タックル1(スプーン、クランク巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォーターランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb

■タックル2(ミノー、縦釣り用)
 ロッド:JBロッド(TENRYU SP60-JB2/4)
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:VARIVAS SUPUER TROUT Advance(フロロカーボン)2lb

 モカってなんでこんな困った顔してるの?かなり萌えます。
080101-5.jpg


 HMKLクランク33MRとコーデルのスポットです。

080101-4.jpg 080101-6.jpg
posted by JIMI at 23:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

初釣り

 ダウンタウンの笑ってはいけない病院見てます。

 明日はO君と宮城アングラーズヴィレッジに初釣りに行きます。タグフィッシュを釣ると先着100名に福袋をプレゼントだそうです。

 それではみなさん、来年もよろしくお願いします!
posted by JIMI at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

ルアーのフックを考える

 このブログでは、宮城アングラーズヴィレッジで使うタックルやテクニックの紹介をしていこうと思っているのですが、今回はフックについてです。

 普通はよく釣れるルアーの紹介とかからするんでしょうけど、いきなり、重箱の隅から始まります。

 フックは魚に直接接触するものですから、釣りの中で最も大切なタックルの1つだと思います。

 バイトがあるけど乗らないとき、釣れるけどバレるとき、フックに問題があるケースが多いです。

 ま、ロッド、ラインとのバランスも需要なので一概には言えないのですが。。。

 基本的に、

1.フックポイントがとがっていない

2.フックが小さすぎる

 と、魚を釣ることができないと考えています。

1.は基本です。フックを指の爪に引っ掛けて、スプーンがぶら下がればOK、ずり落ちちゃったら失格です。新しいものに交換しましょう。

 新品のルアーに付いているフックでも、何回か魚をかけたり、ボトムトレースをすることにより、ポイントがなくなります。ボトムをとる釣りをするとき、魚を釣ったあとはこまめにチェックしましょう。

2.ですが、賛否両論あると思います。私も小さいフックから多きフックまでいろいろ試しました。一般的なサイズでいうと#10、#8、#6、#5、#4と、いろいろ使いました。

 そしてたどり付いた結果、大きめフックの方が掛かりがよく、バレません。小さいフックの方が質量が軽く、吸い込みがいいような気もしますが、小さすぎるとフックが短い分、刺さっている長さが短いわけですから、ファイト中にバレてしまうことが多いと思います。

 それから、ちょっと中級者以上向けですが、フックはサイズだけではなく、太さもいろいろあります。太さが変わると、質量、硬さ(しなり具合)も変わります。

 渓流釣りなどをする人は知っていると思いますが、アマゴ針などにはフックに質量が書いてありますね。ルアー釣りでもフックの質量は大切な要素です。

 スプーンやプラグの場合、質量がゼロで、太さがゼロで、伸びがゼロのフックが理想なのかな?と思います。ある程度伸びた方がクッションになる感じもしますが、魚の口に当たった瞬間に伸びてしまうと刺さりが悪くなります。

 刺さりは細軸の方が絶対いいです。

 最近愛用しているのは、

 スプーンならVANFOOKエキスパートフックSP-11BLです。

 これはかなり細軸で掛かりが良く、#5のような大き目サイズを使うとバラシがすくないです。

 クランクでも同じくVANFOOKエキスパートフックCK-33BLを愛用しています。特に#3というビッグサイズがお気に入りです。

 クランクはバラシが多くて悩んでいたのですが、このフックを使ってからランディング率が上がっています。アンヴィレ道場ではバラさないことが勝利の秘訣です。よくよく見ると他社のプラグ用フックはかなり太軸のものが多いです。

 ところで、ヴァンフック(VANFOOK)ってこういうスペルだったんだ。フックはHOOKなのにね。

 ここまではいわゆる「巻き」の釣りの話です。バベルなどを使った「縦の釣り」ではまた違ってきます。

 この釣りは、バスのワームやジグの釣りに似ていて、ラインであたりをとって掛けていく釣りです。上記のような細軸のフックを使うと強くあわせると伸びてしまい、掛かりが悪くなることがあります。

 魚がくわえた瞬間にすばやくあわせるので、スイープなフッキングは向きません。

 フックは太軸で伸びがないものを使います。バベルに付いているフックはCultiva(オーナー針)のS51BLというハイパワーなフックです。5という数字がパワーを意味し、Cultivaは1〜9まで9段階でパワーを設定しています。パワー5というのはエリアトラウトの世界では割りと強めのセッティングとなります。

 ルアーを買ったときに付いているフックが必ずしもベストセッティングとは限りません。いろいろ研究してみるとおもしろいと思います。


posted by JIMI at 13:59| Comment(4) | TrackBack(0) | タックル、釣り方紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

12/24(月)釣行記

 世間はメリークリスマスなんだけど、またまた宮城アングラーズヴィレッジです。おととい管釣りデビューしたO君、刺激が強すぎたか、帰りに寄った釣具屋でいろいろ買い始め、またすぐに行こうということになりました。人のせいにしているけど、私も行く気満々でした。

 今日は絵に描いたような西高東低冬型の天気図。予報を見ても北西風7mと、覚悟が必要な天気だった。

 ま、こないだ行ったときは風速11mとかだったので、なんとかなるかな?と思ったのだ。
071224-1.jpg
 6:30到着。並んでいる列はおとといの半分くらい。ゲストハウス?の端くらいまでの列でした。

 今日もおとといと同じく流れ出しとスロープの間の角に入る。一番風が当たっているストレッチだ。まもなくO君も到着し、彼が準備している間にドーナ2g赤金で立て続けに2本キャッチ。

 イワナがうわずっている様子が見られなかったので、しばらくスプーンで探っていく。
071224-2.jpg
 が、風が強くて釣りづらいのもあるが、いまいちバイトが続かない。ドーナ2g、ノア1.8gなど重ためスプーンをローテーションしてポツポツ釣っていく感じだ。赤城山が雲で覆われ見えなくなったと思ったら、おまけに大粒の雨まで振ってきた。。。天気雨で、北の空には大きな虹(レインボー)が出ていました。雨が上がったら、雪化粧した赤城山が現れた。

 午前中に2回放流があったが、「バイトがあるけど乗らない」状態が続いて、放流効果にすっかり乗り遅れてしまった。いまいち吸い込みが弱いのかと思い、同じ赤金でもバックス2.5g、ノア1.8g、ノアjr1.4gとだんだん軽くしていってもダメでした。

 お昼前だったかな?突然ボス(社長)が現れ、クランク(ディープクラピー)でボコボコ釣り始めた。なんと11連続ヒット!!(だったかな?)久しぶりにショッキングな釣りを見せられてしばらく呆気に取られてしまいましたが、まずはじっくり観察。。。

 すぐに真似してみるが私にはまったくバイトがない。。。O君は飲み込みが早く、モカでバカバカ釣り始めた。

 そのモカを借りてみたがやっぱり私には釣れず、「こりゃルアーじゃなくて釣り方だ」ということになり、カミオン、ディープクラピー、ボトムクラピーで黙々と釣り込んでみた。

 ボスのレクチャーのおかげで、だんだんバイトが増えてきて、フッキングもできるようになってきた。

 午前中20匹くらいで休憩。今日のカンティーナのお弁当は牛ヒレ丼でした。これもおいしかったです。

 午後は再びクランクの特訓。レンジが深くなったかな?とのこと。潜行深度がやや浅いO君のモカにはバイトが減ってきた。ディープクラピーもキャスト後数回リールをグリグリ巻いてそのあとスローリトリーブするのだが、グリグリの回数を増やしてより深いレンジでスローリトリーブするとバイトが増えた。

 慣れてくるとバイト多発!!こりゃ、アンビレ道場楽勝だな。。。と思っていると、本日の対戦相手平ぴょんのロッドにはしっかりとクランクが。。。。

071224-3.jpg
 アンビレ道場ですが、私はディープクラピーで4匹。平ぴょんは6匹キャッチ、スレ2回でトータル4匹。ということで同点。またしても昇段できなかった。

 このクランクの釣りが夕方までずっと釣れ続いて、私とO君はすっかりクランク信者になってしまった。

071224-4.jpg
 最後のとどめにディープクラピーで鼻の曲がったドナルドソンをキャッチ。

 17:30までしっかりと釣りをして終了。午後はしっかりカウントしなかったけど、トータル50匹くらいかな?

 帰りにいつもお弁当をデリバリーしてくれるカンティーナに食事に行きました。私はもともとイタリアンが大好きなのですが、今日食べたジェノベーゼもおいしかったぞ。きれいなお店で、汚い釣りの格好(上下フリース)&帽子癖が付いたぺったんこの髪型で入るのがちょっと恥ずかしかったです。

 帰りにクランクベイトを買いに行ったのは言うまでもありません。年内にもう1回くらい行かれるかなぁ?


071224-5.jpg 071224-6.jpg


■ヒットルアー
 ドーナ2g赤金、ピンク金、チャート金、106消鹿志村イエローなど
 ノア1.8g 赤金(有頂天)
 ノアjr1.4g 赤金
 ノアjr0.9g オリーブ
 バベルII0.7g 山ちゃんカラー
 ディープクラピー ゆずシャーベット
 ボトムクラピー ブレンド
 カミオンK-TUNE 蛍光ピンク

■タックル1(スプーン、クランク巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォータランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:サンライン ワカサギFC0.4号

■タックル2(ミノー、縦釣り用)
 ロッド:JBロッド(TENRYU SP60-JB2/4)
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンライン・TROUTIST NATIVE 3lb(ナイロン)

posted by JIMI at 22:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

12/22(土)1トン放流!

 1トン放流ということで2週間ぶりの宮城アングラーズヴィレッジに行ってきました!

 この日は管釣りデビューという会社の後輩O君と2人での釣行。6時半頃到着するとすでに長蛇の列。。。スタッフが車をとめる場所の右端まで並んでいました。1トンというのは思った以上に大イベントのようです。

 流れ出しに入りたかったのですが、ややスロープよりのまあまあいい場所に入れました。

 朝一は岸際に岩魚の姿が見られたので、フローティングミノーを中心に投げて、8:30の放流までにイワナを4匹キャッチ。ルアーはシュガーミノー・フローティング5cmギンクロでした。

 そして8:30頃お待ちかねの放流です。この日は輸送用のトラックから直接1トン(1000kg)放流です!1匹平均250gとすると、その数何匹?4匹で1キロでしょ?・・・計算中・・・約4000匹ですね!

 中池に40人入ったとして、1人あたり100匹です。

 さて、放流後しばらくするとラッシュスタートです。もう、時間を忘れるくらい夢中になって釣りました。最初、ノアjr1.4g赤金を使っていたのですが、O君が2.7gくらいの大きなスプーンでもバカバカ釣っているので、自分バックス2.5g赤金にチェンジ。かなり長い間、1キャスト1キャッチ状態でした。

 お昼前くらいにやや失速してきて、さらにバックス赤金をロスト。そのあとはドーナ2gチャート金、バックス2.5g俺カラ(金に黄色をペイント)などをローテーション。

 午前中69匹で、今日は楽勝100匹行くかな?というところでカンティーナのお弁当(ガーリックチキン)が届いたので休憩。

 午後は、午前中のラッシュが何だったの?というくらいの食い渋り。逆にいつもの宮城アングラーズヴィレッジに戻った感じです。そんな中でもうまい人はコンスタントに魚を釣っていますね。

 アンビレ道場の対戦相手は山ちゃんでした。自分はドーナ2gパステルグリーンで1匹、山ちゃんがギルガメッシュで4本だったので、今回も昇段できませんでした。

 道場敗戦はいいのですが、数がぜんぜん伸びず、午後は16匹しか釣れず、85匹で終了。今日100匹釣らずにいつ釣れるんだ?大きなチャンスを逃した感じです。

■ヒットルアー
 放流後ほとんどがバックス2.5g赤金
 今日の釣果の8割くらいがこれです。

 シュガーミノー50Fギンクロ
 バックス2.5g 黄金
 ドーナ2gチャート金、パステルグリーンなど
 ノア1.8g 濃茶、水色
 ノアjr1.4g 赤金など
 ノアjr0.9g オリーブ、
 MIU1.5g 黄ピンク裏金
 
■タックル1(巻き用)
 ロッド:レスターファイン・ウォータランドリミテッド62XUL
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:サンライン ワカサギFC0.4号

■タックル2(ミノー、縦釣り用)
 ロッド:JBロッド(TENRYU SP60-JB2/4)
 リール:ダイワ:EXIST STEEZ 2506
 ライン:ユニチカ・シルバースレッド・アイキャッチPE3lb(0.3号)
 リーダー:サンライン・TROUTIST NATIVE 3lb
posted by JIMI at 17:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 釣果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

宮城アングラーズヴィレッジ紹介

 宮城アングラーズヴィレッジ

 群馬県前橋市にある管理釣り場です。もともと住所が宮城村という名前だったため、このような名前です。よく、「え、宮城県まで行くの?」と驚かれることがありますが、それはゴカイです。

 料金など詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

 宮城アングラーズヴィレッジ
 http://www.anglers-village.com/


 毎日更新のダイアリーは見応えあります。どんな状況か?、どんなルアーで釣れているか?、自分の写真が載ったか?など、とても参考になります。

 もちろんブックマークを付けておいてもいいのですが、Yahooやgoogleで「mav」で検索すると1番上に出てくるので便利です。
posted by JIMI at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

プロフィール

prof.jpg JBマスターズシリーズなどのトーナメントに出ている、持丸です。MAVマスターには程遠いです。。。

 トラウトはJBトーナメントのシーズンオフの軽い遊び程度にはじめたのですが、かなりはまっています。

 数ある管理釣り場から宮城アングラーズヴィレッジがホームグランドになった理由は、とにかく魚が多いこと、スタッフの対応がすばらしく、楽しいからです。

 埼玉県児玉郡在住、宮城アングラーズヴィレッジまで車で1時間強くらい。

 MAVマスター目指してがんばります。


posted by JIMI at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。